土地探しから始める不動産投資
●「土地探しから始める不動産投資」

 人口一極集中!東京圏に優良資産をつくる!
  (「新築一棟投資法」シリーズ) 単行本 – 2018

 箕作 大 (著)
 定価1600円(税別)


●加熱する不動産投資ブーム!
利益が出せるような物件はほとんどない?

 
すでに評価の高い地方の中古RCマンションにも出物はありませんし、融資がつきにくいような築
古の中古アパートでも、なかなか利回りが高いものにはめぐりあえません。
 
地方都市の利回り 10 %(借入金利4・5%)程度の中古物件にも買付が殺到し、物件をしっかりと確認する間もなく急いで契約しなければ、物件は買えません。
 
もはや一般投資家の方には、大きなキャッシュフローやキャピタル・ゲインが出る物件を入手する
ことなど、非現実的な話になっているのです。
 

・人口減少が明らかな地方物件は危険
 
人口動向を予測し、売却時期を決め、出口戦略が明確であれば良いかもしれませんが、それ以上保有していると、売るに売れない悲惨な状況を生み出す可能性があります。
 
一方、将来的な展望として、唯一人口が増えると予測されているのが東京圏です。
  
しかし、そのようなことは大半の投資家は分かっているはずです。
ではなぜ、東京圏以外で投資物件を保有するのでしょうか?
 
答えは簡単です。
東京圏は競争が激しく、利回りが出ないので、儲からないと判断しているからです。
だからといって、今は良くても将来的には大損をしてしまうかもしれないような地方物件を保有していいことにはならないはずです。  

・今でも堅実に大きな利益を生む投資法があった!

この投資法の特徴としては、

●新築でも中古以上の利回り
●明確な出口戦略
●安定した収入と支出
●東京圏の好立地に限定し、長期的に高稼働率、資産価値を維持
●好条件で融資を受けられる
●法人設立による消費税還付、所得税の節税

など、最終的に多くのキャッシュを手にしていただける内容となっています。
 
 投資家のなかには、「不動産投資のセオリーは中古だから」「新築は利回りが低いから」
と、目まぐるしく動く不動産投資トレンドを考慮せずに、中古物件ばかり探している方がいます。
 
投資家にはお忙しい方が多いので、常にアンテナを張って投資情報を更新していくのは大変だとい
う側面もありますが、ここで不動産投資に求めていることに立ち返りましょう。
「物件を買う」のが目的ではなく、「お金を儲けて豊かになる」ことが目的のはずです。

本書は、当社が確立した投資法とその理論を1冊の本としてまとめた書籍『新築一棟投資法』
(2015年)に新たな要素を加え、目まぐるしく動く市況に即した内容にリニューアルした改訂版となります。


●目次

第1章 中古物件の利回りが急落!ついに新築の利回りが中古を逆転した
第2章 新築一棟投資なら、今でも大きな利益を出せる
第3章 「表面利回り」だけじゃない!圧倒的に高い「実質利回り」
第4章 土地探しは東京圏・駅近に限定する
第5章 圧倒的に有利な融資条件!「低金利」「借入期間30年~35年」「少ない頭金」
第6章 法人設立でキャッシュフローが大幅にUP!
第7章 高い稼働率を実現!人気物件になる建物の魅力
第8章 お客様の声
第9章 「新築一棟投資法」実例紹介
東京北参道の出版社クラブハウス直営の書籍&バーゲンブック、印刷ショップ。