ぼくは本屋のおやじさん (就職しないで生きるには 1)早川 義夫(古本)
ぼくは本屋のおやじさん (就職しないで生きるには 1) [単行本]
早川 義夫

単行本: 199ページ
出版社: 晶文社 (1982/05)
ISBN-10: 4794919719
ISBN-13: 978-4794919717
発売日: 1982/05
商品の寸法: 17.6 x 12.8 x 1.6 cm


ーーーーーーーーーーーー
伝説のロック・ミュージシャン 早川義夫のもう一つの顔, By カスタマー (京都府)
amazonレビューより対象商品:
ぼくは本屋のおやじさん (就職しないで生きるには 1) (単行本)

 日本のロック黎明期につのだ☆ひろ等が所属する伝説のバンド「ジャックス」があった。早川義夫はそのリーダーであった。ジャックスは2枚のアルバムを残して解散し、早川は1枚のソロアルバムと『サルビアの花』という名曲を残してミュージックシーンから姿を消した。そして、誰もが驚いた90年代における、ミュージシャン・早川義夫の復活!
 一度の引退から復活まで早川義夫は何をしていたのか?その答えがこの本にある。実は、「本屋のおやじさん」をしていたのだ。この書には、零細の本屋の苦労が書き綴ってある。本屋が、書籍卸売業者や出版社から仕入、客から注文を受けた時、注文制をとる出版社等々である。これから、本屋を営みたい方にはお薦めの書である。
 参考までに、ミュージシャン・早川義夫としての素顔は全く触れられていないので、御注意を
東京北参道の出版社クラブハウス直営の書籍&バーゲンブック、印刷ショップ。