フクシマ・ピュア新宿駅南口店舗「内部被曝測定」75%オフ!児童予約(現在休止中です)
(現在休止中です、自主検査なのでレンタル検査機費用が支払いできない時期は休止します)

■フクシマ・ピュア新宿駅南口店舗、他(東京人形町から移動)
「内部被曝カウンター測定」
 クレジットによるお支払い、予約申し込みは、コチラで! 

検査費用は、1人 大人5000円。18歳以下の児童2500円
(通常は民間医療機関で9000円〜16000円の検査です)

*このページは、児童の販売申し込み専用です。大人用は別ページになります。
*妊婦の方は「無料」となりますので、お申込みなしで直接 検査場までご連絡ください。

*他のイベント会場などでの検査も、ここでお支払いができます


・検査時間は、10分弱。 500秒、服を着たまま検査椅子に座るだけです。

・その場で検査のプリントレポート提供による結果を聞く時間を合わせて、所用時間は、長くて30分ほどです。

・必要に応じて、放射性物質を体内から排出するためのカウンセリングは無料で行います。
「デトックス」のサービス、商品などのご紹介もできます。(各種資料はご自由にお持ち帰りください)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●予約お申し込みと検査の手続きについて

’磴なかごにいれてクレジットでお申込みください。
 *銀行口座振込もできます。佐川急便のイーコレクトはご遠慮ください。

▲レジット決済、ご入金確認ができると、確認メールが届きます。

3稜Д瓠璽襪届いたら、すぐでなくてもいいのですが、
お客様のほうから、以下のように「予約お申込み」を必ずしてください。
当社クラブハウスは、販売決済までの担当ですので、検査担当側に引き継しています。

は⇒軅茱瓠璽襪發靴は電話で「内部被爆検査 予約お申込み」を検査担当のニイロさんまでして
日程調整をしてください。(*確認メールには送り返さないでください)


■連絡先 検査の事前予約お問い合わせ   
070-6527‐9708(ニイロ)
kamonniiro@yahoo.co.jp


■ご希望予約日と時間と人数を書いてください
(ご記入例)

氏名
連絡先 メアド、電話等

第一希望 11/16 16時 *名
第二希望 11/08 11時 *名



■所在地

伊藤指圧マッサージセンター
住所  東京都渋谷区代々木2-8-5 新宿南口ビル3階  〒151-0053
最寄駅  新宿駅南口より徒歩1分
TEL  03-3374-2349
定休日  年中無休
営業時間  朝10時〜夜10時受付
http://www.d4.dion.ne.jp/~itosiatu/sub1.htm




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●自主検査背景と解説

NPO法人免疫療法を支援する会と、出版社のクラブハウスでは、ホールボディカウンター 「アンチドザ」を使用して、内部被爆測定を行っております。

◆屮▲鵐船疋供廚箸蓮 チェルノブイリ原発事故の後に、ウクライナの国家プロジェクトとして 研究・開発を実らせた、キエフの 「放射医療研究所」(Research Center for Radiation Medicine)のホールボディカウンターです。

E会で検査した沖縄を含む全国からの検査1500人のほぼすべての人が、セシウム内部被ばくをしていました。
平均は事故前の10倍以上。大人100〜400ベクレル。
児童のうち、26%は、心電図異常がでるといわれる、10ベクレル(キロ当たり)以上でした。
推進派も反対派も、被曝状況については同様です。


だ府系、病院系の検査機で放射性物質の「不検出」が多いのは、300ベクレル(ボディ)以下の低被ばく数値を「検査測定数値が不安定なので信頼できないとして、足切りしている」からです。


ヅ会では、ウクライナ側と検測プログラムを、2年もかけて長期に調整して安定させて、低い数値にも対応できるようにして、福島県下では3分で済ませる検測を10分間かけて実施しています。


Ω〆困領亮書は、補助金をだしている一部の自治体(千葉県市川市ほか)では、補てん対象になりますので、お申し出ください。


内部被ばくセシウム検出量の記載された「検査レポート」は、将来、国や関係企業の補償が実施される場合、被ばく被害をうけた証明資料になる可能性がありますので、大事に保管しておいてください。



●いろんな議論がありますが、まず、ご自分と家族の内部被曝状態を把握しましょう。

小出氏、内海氏への反論と、デマの書籍拡散に対する法的対応措置
http://ameblo.jp/kawany69/entry-12017388396.html


*ちなみに、このショップ店長(出版社代表)のセシウム137は、2014年夏の検査では340ベクレルで、事故前の平均の17倍でした。これは関東の大人の平均被曝量より、やや大きい程度だそうです。
その後、デトックスのサプリメントなどを飲んで、2015年春には200ベクレルまで下がりました。
16歳の長女は200、13歳の次女が130ベクレルでした。どちらも政府系検測では、足切りされて「不検出」とされる数値ですが、「被曝ゼロ」ではないと自分で確認できました。

低被ばくの検査データの誤差率(%)も現場のマシーンでは確認できますし、ぜひご自身で確認して、特に児童の方のデトックスは、習慣にするよう、ご家族が指導されてください(河西)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●参考
検査体験者のブログ、動画など

311以降を生きるためのハンドブック『核の傷』
http://happylohaslife.365blog.jp/e436876.html

関根さんの検査体験動画
http://www.youtube.com/watch?v=ODRaxVU-65A&feature=share

NPO法人免疫療法を支援する会 講演会ダイジェスト
http://www.youtube.com/watch?v=wimkCPBHk8U&feature=share


*内部被曝とは?
報道されているのは、311の外部被曝の放射線量ばかりですが、例え放射線量は低くても、僅かでも放射性物質を吸い込めば、内部被曝します。内部被曝とは、放射性物質が空気や飲食などを通じて体内に取り込まれすることです。

*NPO法人免疫療法を支援する会とは?
http://www.meneki-npo.org/
https://www.facebook.com/NaibuHibakuKensa


*フクシマピュアとは?
内部被曝検査をもっと気軽にできるように、検査機を各地に導入する運動名です。


●検査機の仕様
ガンマ線量 50−3000 Kev
線量検出範囲 0.20−555 kBq
検出可能な放射性物質 Am, Cs, Co, Ru, K etc.
エネルギー依存性(0,06 ? 1,5) MeV ±25%
エネルギー分解能(セシウム 137) 10% 以下
最大統計的負荷 103 c-1未満
5分間の検査における相対誤差 ±10%
稼動調整時間 30分未満
連続稼働時間 24時間
連続稼動時における較正の不安定さ ±2% 未満
積分非直線性 1.0% 未満
寸法 1,400×800×1,100 mn
重量 100 Kg
電力 100V 50Hz
消費電力 300W未満
E = F + B. n,
E: ガンマ線エネルギー
F, B: Eによる作用, n(DSTU 26 874算出)
n: チャネルの数


ありがとうございます
表参道の小さな図書出版クラブハウスブック直営の新刊&バーゲンブックショップ。